スシローで働くには

失敗しないために面接マナーをおさえておこう

スシローの求人の探し方や面接対策

応募するところから面接は始まっている

スシローでアルバイトやパートとして働くためには、まず求人を探し応募して面接を受けなくてはなりません。
採用になるか左右するのは、面接ということは確かですが、求人に応募した時点から面接は始まっていると思っておくようにしましょう。
電話で直接店舗に問い合わせる場合には、丁寧に話すのはもちろんのこと、電話をかけるタイミングにも気をつけなくてはなりません。
ピーク時に問い合わせてしまうと、常識がないと思われてしまい最初からマイナスの印象を与えてしまうことになります。
お昼や夕食時にはお寿司屋さんがかなり混雑する時間帯となるので避けるようにし、土日も避けることが無難です。

面接時には時間厳守で身だしなみに注意

求人に応募して面接の日時が決まったら、当日には時間厳守というのが才能のための大前提になってきます。
遅刻をしないのは当然のことですが、あまり早く到着し過ぎても迷惑になるので、面接時間の五分ほど前に行くようにしておきましょう。
面接では第一印象が重要になるので、身だしなみには十分気をつけなくてはなりません。
アルバイトやパートの面接の場合には、スーツを着用する必要はありませんが、常識の範囲内であまりにカジュアルな服装は避けるようにしておきましょう。
もちろん髪型や髪の毛の色にも気をつけなくてはなりません。
女性は派手なネイルをしたり濃いメイクは避けるようにし、香水もつけないようにしましょう。


スシローの面接では様々な質問をされることになりますが、定番の質問となるのは志望動機です。
志望動機はお寿司が好きというものや、興味があるといった無難な返答で問題はありません。
そのほかにもアルバイトやパートの経験があるのかや、シフトはどの程度入れるのかということも聞かれます。
アルバイトやパートの経験があるに越したことはありませんが、ないからといって不採用になるわけではないので問題ありません。
シフトに関しては採用になるのかが左右されやすいポイントとなりますが、採用されたいからといって本来入ることができない日時も入れるといってしまうと、いざ採用となり働き始めたときにトラブルになります。

スシローの面接で持って行くものとは

面接時には何を持っていけば良いのか、あらかじめ確認しておくべきです。
必ず持っていかなくてはならないものは、履歴書です。
履歴書を持っていかないことには、何も始まらないので忘れないように十分気をつけましょう。
もちろんスシローの面接時には身だしなみの良し悪しによって、採用の有無に大きな影響を与えることになることは間違いありません。

人気記事ランキング